PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

供物の宴のエロ漫画

スポンサーリンク
コミック
記事内に広告が含まれています。

淫語とファンタジーが交錯する「供物の宴」: 松本痙の新境地

 

「供物の宴」レビュー: 松本痙が描く生け贄少女の運命とは?

この作品は、松本痙氏による「供物の宴」というタイトルのマンガで、三和出版から出版されています。ストーリーは、人間を食べる鬼が住む島に生け贄として送られた少女が、生き延びるために鬼の首領の性処理係になるというものです。鬼の首領が少女の体を試すと、人間とは比べ物にならない大きさのもので彼女を貫きます。激しい鬼の突きにより失神寸前になりますが、鬼の精子の効果で発情し、痛みを感じない状態になってしまいます。彼女の運命はどうなるのでしょうか…。

レビューによると、グロテスクな描写は少なめで、ストーリーが引き立っているようです。ジャンルは淫語、首輪/鎖/拘束具、ファンタジー、中出し、鬼畜、処女、リョナとなっています。

 

感想

「供物の宴」は、結構ヘビーなテーマを描いているけど、それが逆に新鮮さを感じさせてくれるんだよね。松本痙さんの描く鬼の首領のキャラクターは、怖さと同時に何か魅力を感じさせる。それに、少女の運命がどうなるのか気になって、ついついページをめくってしまうんだ。グロテスクな描写が苦手な人でも大丈夫だと思うよ。それよりもストーリーに引き込まれること間違いなし!

 

WEB SERVICE BY FANZA

 

タイトルとURLをコピーしました